スタッフブログ

フラット35は団信以外に選択肢がある?

2019/08/19(月) 営業部

住宅ローンを組む上で、多くの方が加入している団体信用生命保険(団信)。

返済中、万が一があっても保険会社が残りのローンを支払う制度です。

この制度によって、残った家族がローンの支払いをせずそのまま暮らすことができます。

民間の金融機関で組んでいる方は、原則団信加入となっています。

 

 

 

しかし、フラット35の団信加入は任意です。

団信の代わりに、生命保険に入ることも検討できます。

試しに いくつか計算をしてみました。

 

 

 

条件:30歳男性、借入れ2,500万円、35年返済の場合(2019年8月金利参考)

生命保険はライフネット生命の死亡保障を参考

①団信・生命保険未加入 金利0.97%

万が一の場合、保障がありません。

月々の返済70,222円、総支払額29,493,208円

 

②団信に加入 金利1.17%(0.2%上乗せ)

万が一の場合、ローンの返済が無くなります。

月々の返済72,569円、総支払額30,478,939円

 

③生命保険に加入 金利0.97%+生命保険料月々5,800円(2,500万円死亡保障)

万が一の場合、2,500万円が支払われます。

月々の返済76,022円、総支払額31,929,208円

 

 

 

上記の内容では、生命保険の方が支払いが多くなっています。

しかし、団信は徐々に保険金額が減るのに対して、生命保険は同じ保険金額。

1,000万円の死亡保障のみなら、月々の返済は72,692円で②団信に加入と同等です。

 保険適用の条件もあわせて、確認していきましょう。


関連記事
\こちらも読まれています/











記事一覧

1ページ (全25ページ中)

ページトップへ