スタッフブログ

注文住宅の引っ越してから分かった悩み

2018/12/17(月) 営業部

注文住宅は、自分たちの要望を叶えることができるおうちです。

しかし、建売住宅と違って、完成したおうちではありません。

プロのアドバイスも参考にして、打ち合わせをする必要があります。

今回は、引っ越してから分かった悩みなどを紹介していきます。

 

・収納スペース

十分な広さを取らなかったため、入れてから出す際に苦労した。

大きな収納がロフト以外に無く、老後が心配。

コートをかける所がなく、床やソファーに置くようになった。

 

出し入れしやすいような高さか?

引っ越し前の収納と比べて十分か確認しましょう。

 

・部屋の広さ

寝室を広めにしたつもりが、ベッドを置いたら狭く感じた。

来客用の和室4.5畳は、数人入ると狭すぎた。

リビング+畳コーナーは、広く感じるが冷暖房効率が悪くなった。

 

今後のライフスタイルも考えて、将来も使えられる空間か?

広すぎる空間は、かえって不便になってしまうこともあります。

 

 

・間取りの位置

寝室・浴室を道路側にしたものの、交通量が多くて気になってしまう。

2階をフローリングの子供部屋にしたら、下の部屋に響いてしまう。

家電や排水の音で、隣接する部屋でくつろげなくなった。

 

周辺環境を確認して、日当たりや風通しは良いか?

寝室やくつろぐ空間の位置は、しっかり計画する必要があります。

 

 

同じつくりのおうちでも、人によって感じ方や使い方は変わってきます。

今のおうちで気になっている所は、家族としっかり話し合いましょう。

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全25ページ中)

ページトップへ