スタッフブログ

不動産に関わる詐欺

石井辰憲 自己紹介へ
2018/05/11(金) 営業部

住宅ローンの金利が低くて借りやすい時代になっていますが、貯金をしたところで全く増えませんね。

物価も上がって不安になってしまいます。

アルゼンチンのように政策金利を40%まで上げたら、それはそれでまずいですね。

 

投資に興味も持つ人が増え始め、不動産投資のトラブルも増えています。

イベントや勉強会で知り合った人と名刺交換したら、頻繁に投資話が来るようになってしまったり・・・。

ひどい場合だと、職場まで来て強引に勧めて来ることもあるようです。

 

「近くに駅ができます」「高速道路の計画で値段が高騰します」

などと嘘をついて高く売る「原野商法」という手口があります。

実際にそのような計画もないと、詐欺罪になります。

 

また、建築希望の方に建築できない土地を勧めてくることがあります。

安さばかり伝えて、肝心の建築に制限があることは説明されないこともあるようです。

宅地建物取引業法違反、または詐欺罪になる場合もあります。

 

他にも、土地の権利者のふりをして、土地代金を奪う手口もあるようです。

権利者しか持っていないような書類などを出されて、信じてしまうこともあります。

 

甘い言葉に乗らないようにしても、詐欺の手口は複雑化しています。

しかし、詐欺の多くは相手から動いてきます。

契約する前に、家族や不動産業者に相談して情報共有しましょう。

太陽住宅のチャットサービス

太陽住宅ではこの度チャットサービスを開始いたしました。右下の「チャットで問い合わせる」ボタンをクリックしていただくとご利用いただけます。個人情報入力不要で匿名でもご利用いただけますので、商品やサービス、家づくり・土地についてのわからないことなどなど、どうぞお気軽にご質問ください。

太陽住宅のチャットサービスについて

 

インスタグラム&Facebookで完成写真などUP中 よかったらフォローしてください♪

instagram

 

facebook

 

友だち追加

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ