杉田真一 自己紹介へ

玄関 2WAY玄関のメリット・デメリット ③

みなさん、こんにちは。

 

新築を考えている方、玄関内部はどのようにお考えですか?

前回からの続き、2WAY玄関に触れていきたいと思います。

玄関 2WAY玄関のメリット・デメリット ①

玄関 2WAY玄関のメリット・デメリット ②

 

注文住宅を検討し、住宅展示場などに足を運んだお客様が、広くて綺麗な玄関を見れば憧れてしまいますよね。

前回まで、ご説明したように玄関の広さは、シンプルスタイルで約3帖ほどで、2WAY玄関では約4.5帖ほどのスペースが必要となります。

進化を遂げたのかは解りませんがコロナ禍以降、玄関ホール付近に”ただいま手洗いカウンタ―”を設けたいお客様が増え、【2WAY玄関+手洗いカウンター】が当たり前のようになってきました。

ホールを含め、狭くても約4.5帖程~約6帖程のスペースを必要とするようになりました。

 

玄関スペースを広くしたプランでは、約6帖ほどです。

 

ファミリークロゼットに繋がるプランでは、約7帖ほどとなります。

 

近年では、玄関からホールだけではなく土間収納・ファミリークロゼット・パントリー・洗面・ガレージやランドリ―スペースなどへのアプローチが多種多様となりどんどんと大きくなっていきます。2WAY玄関どころか、なかには3WAYや4WAY玄関なども稀ですが見かけるようになりました。設計士さんはプラン提案も大変だと思います。

 

まだまだ続きます・・・次回もお楽しみに


家づくりのご質問・ご相談をLINEからも受付中♪
お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

 

1ページ (全61ページ中)