杉田真一 自己紹介へ

シャッター(雨戸)要りますか?要りませんか?

2022/07/05(火) 家づくりのこと営業部

こんにちは あるいは こんばんは、杉田です。

 

新築を考えている方、シャッターの設置はどのように検討されていますか?

『標準仕様で付いていたから気にもしなかったよ。』とか、『オプションだったから付けなかったよ。』とか。

『そもそもシャッターの役割や説明すら無く、設置するかどうかの確認など無かったよ』なんてことも。

 

シャッターを付けた場合のメリット・デメリット

メリット

暴風雨時にガラスを守る。防犯対策。

デメリット

開閉が面倒。開閉時のガラガラ音がうるさい。開閉時に虫が入ったりすることも・・・

シャッターBOXがデザイン的にカッコ悪い(個人的な意見ですが)。

 

シャッターを付けない場合のメリット・デメリット

メリット

コストダウン。窓廻りのデザインがスッキリしてカッコいい(個人的な意見ですが)。

デメリットは?

【暴風雨時にガラスを守る。防犯対策。】は、防犯ガラスを導入することでクリアできます。

 

 シャッターを設置したい方へ

近年の窓用シャッターは軽くなり、耐風性もあがっています。開閉は楽になり、音も小さくなりました。が、

暴風雨時の飛来物によっては、シャッターを突き破ってしまう場合もあるそうなので、『シャッター+防犯ガラス』の組み合わせが、おススメです。

テラス窓など、高さ2000mmの製品を多用する為、小柄な方だと手が届かなかったり、毎日の開閉するのが面倒だと思う億劫なあなたには、『電動シャッター+防犯ガラス』の組み合わせがおススメです。ただし設置コストやメンテナンスコストが手動シャッタ―に比べ割高となります。

閉めても真っ暗にならないようスリットの入った製品や、外出先からでもスマホで操作出来たり、タイマー設定出来る製品など様々な製品が出ています。

 

私は、建物のデザイン重視と建物性能が向上したことにより、シャッター(雨戸)本来の存在意義がなくなっていることもあるので、シャッターの設置自体、おススメはしていません。防犯ガラスのみの対応をおススメさせていただいています。