スタッフブログ

岩田卓也 自己紹介へ

一番強い構造は何?【構造計算のススメ】

2019/02/23(土) 営業部家づくりのこと

こんにちは。営業部の岩田です。

先日ご来店いただいたお客様が、こんな事をおっしゃっていました。

『木造より鉄骨造やRC造の方が地震に強いけど高いから手が出ない…』

 

木造でも耐震等級3はもちろん可能ですが、同じ等級3であれば、鉄骨やRCの方が強そう…というイメージを多くのお客様が持っておられるようです。

 

実は、このイメージは幻想なのです。

 

あまり一般的には知られておりませんが、

『構造計算』で安全性を確かめることにより、木造住宅も災害時の活動拠点となるような

鉄骨造やRC造の建物(警察署や消防署)と同等の耐震性を確保できるのです。

 木造=鉄骨&RC

構造計算とは、建物の安全性を検討・確認する計算の事です。

建物には重力、地震力、風圧力などさまざまな力が作用しますので、これらの力に対して安全であるよう、構造部材の強度を計算します。

建物の構造のチェックには下記の3種類の方法があります。 

構造のチェック方法

注文住宅の場合、耐震等級3の取得は当然のようになってきましたが、法令上の義務がない構造計算までは行っていない建築会社はまだまだたくさんあるのが現状です。

構造計算を行わずに耐震等級3を取得することも可能ですので注意が必要です。

 

地震対策をしっかりしたい方は、構造計算を行った上で耐震等級3を取得しましょう!!

記事一覧|2019年2月

ページトップへ