スタッフブログ

ヒートショックとは・・・

2021/01/26(火) 営業部家づくりのこと

こんにちは、営業の小林です。

最近寒かったり、暖かかったり温度の変化がものすごくあります。

ということで、今回はヒートショックについてお話させていただきます。

 

ヒートショックとは「急激な温度差」が身体に及ぼす影響のことです。 ヒートショックにより失神、ひどい場合には心筋梗塞・脳卒中などになります。

ポイントは部屋間の「急激な温度差」です。

 

風呂場はもちろん暖かいですよね?

私の家も風呂場は暖かいです。ですが洗面所、脱衣所って寒くありませんか?

 

ヒートショックを防ぐには、家の断熱性、気密性を高めるといいのです。

お家の中を扉で仕切って個室毎に温めて、廊下やトイレや洗面が極端に寒い!という環境の中でヒートショックは起きやすいです。

これはお年寄りに限った事ではないんです。30代という若い人たちでもこのヒートショックで亡くなる方がいるそうです。

 

 

住宅における熱は、冬は「逃げて」、夏は「入って」きます

断熱化されていない住宅だと、冬に暖房をかけ暖かくした後、
暖房を切り数時間経つと、また寒い状態に戻っています。
これは熱が逃げたわけです。

夏に冷房をかけ涼しくした後、冷房を切って数時間経つと、また暑い状態に戻ります。
これは熱が入ってきたわけです。

これらを断つのが、「断熱」です。
熱の移動を断つことにより、冬は熱を逃さずに暖かい家,
夏は熱が入らずに涼しい家になります。

 

太陽住宅では夏は涼しく、冬は暖かい快適な暮らしを実現します。

高気密、高断熱の住まいは冷暖房のランニングコストを抑え、光熱費も安くなります。

 

太陽住宅の断熱について、YouTubeでアップしたのでみなさんご覧ください。

こちらになります。https://www.youtube.com/watch?v=12F81CLeU0c

 

ワンズキューボ吉川 の分譲地の紹介をYouTubeを近日公開です。

ぜひ見てください!!!!

 

 

 

 

 


関連記事
\こちらも読まれています/











記事一覧

1ページ (全31ページ中)

ページトップへ