杉田真一 自己紹介へ

ホームシアターのメリット・デメリット

みなさん、こんにちは。

 

新築を考えている方、ホームシアター(シアタールーム)を検討されていますか?

プロジェクターを用いて100インチ以上の大型画面で、映画やスポーツなど大迫力で見ることが出来る、ご自宅でのくつろぎアイテムの1つですね。

戸建分譲住宅では、防音やプロジェクター投射などのホームシアター導入の対策は当然ながらされていません。

注文住宅においては、お客様の要望により大型スクリーンを設置、窓や建具のない少し広めの壁面をあえて設けて投射したりの対応が可能です。

『TV自体を60~65インチなど大画面のものを設置するから要らないよ。』というお客様もいらっしゃいます。

コロナ禍以降、自宅で過ごす時間が増えたこともありプロジェクターを導入し映画鑑賞やスポーツ観戦、はたまたTV代わりにプロジェクターを利用する方も増えているみたいです。

 

ホームシアターのメリット

・大画面で大迫力の映像を楽しめる

・プロジェクター使用なら寝室やリビングなど違う部屋にも移動ができる商品も

・部屋を暗くしてみるので映像に集中することが出来る

・ホームシアターなら映画館の様にまわりを気にしないですむ

 

ホームシアターのデメリット

・音響設備まで整えようとすると結構な費用がかかってしまうことも

・TVと比べると起動時間が長い(せっかちな人には向いてないかも)

・明るい部屋だと見にくい(昼だと遮光カーテンを閉めないと見にくいです)

・プロジェクターの機種によっては画質が悪い

 

ホームシアターの導入で悩んでいる方へ

以前にもご紹介させていただいたこんな商品がございます。

場所を取らずに大画面を楽しめる照明一体型3in1プロジェクター『アラジン』のプロジェクターです。

https://www.aladdinx.jp/pages/aladdin-x2-plus

工事も不要で引掛けシーリングがあれば自分で取り付けられます。

スクリーンを設置しなくても幅2.5mほどの壁に投射すれば100インチオーバーの大画面の出来上がり。※4.5帖のお部屋でも一面だけ窓や建具が無い間取りにするだけで、2.5m以上の壁を設けることが可能です。

Wi-Fi環境が整っていれば人気のVODサービスも充実しているし、対応機種であればTVやブルーレイなども見る事も出来ます。

 

実際に設置したお客様の投射画像です。めちゃくちゃ綺麗です。

 

私も自宅の新築当時はホームシアターの設置を検討しました。当時のプロジェクターは画質が悪い・高い・機器自体も大きくとても邪魔な存在でした。映画鑑賞が趣味の私の譲れない条件の一つがホームシアターでしたが、見積り金額を見て心が折れた記憶があります。それでも36インチ(当時では大画面)のブラウン管TV疑似5.1chサラウンドスピーカーの設置はしましたね。

時は流れて今ではTVも50インチや60インチの大画面が当たり前となり、標準スピーカーも高音質となったのでホームシアターは不要かもしれません。

ホームシアターを導入する場合でも、プロジェクターも安くなり画質もとっても綺麗になりました。動画配信サービス(VOD)で映画も簡単に見ることも出来て、これから新築する方々が羨ましいです。


家づくりのご質問・ご相談をLINEからも受付中♪
お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

 

1ページ (全60ページ中)