杉田真一 自己紹介へ

【こどもエコすまい支援事業】と【こどもみらい住宅支援事業】の違いはご存知ですか?

2022/11/22(火) 家づくりのこと営業部

こんにちは、杉田です。

 

国会で新たに【こどもエコすまい支援事業】等の創設が盛り込まれました。

家を建てる・購入するを検討中の皆さんならもう聞いたり、調べたりしているかもしれませんが改めて、

【こどもエコすまい支援事業】聞いたことありますか?

 

こどもエコすまい支援事業とは・・・簡単に説明すると、高い省エネ性能(ZEHレベル)を有する新築住宅の取得や・住宅の省エネ改修に対して補助金が出ます。補助額が、新築住宅については100万円/戸となっています。住宅の省エネリフォームでも補助金が出る場合があります。

『私たちはまだ子供いないから貰えないのか、残念。関係ないや。』では、ありませんよ。名称には”こどもエコすまい”とありますが、まだお子様がいないご夫婦でも補助金が貰えるかもしれませんので自分達が該当しているかは下記より確認ください。

 

うーーーーーん。何か聞いたことがあるような・・・。書いたことがあるような・・・。

【こどもみらい住宅支援事業】と一緒のような内容ですが・・・。

「こどもみらい住宅支援事業」の後継事業が「こどもエコすまい支援事業」となっているのか、内容はほとんど同じです。

 

現在、注文住宅の新築(購入)をご検討中のお客様は下記を確認しましょう。

①自分が対象者か(世帯条件)

②事業の対象となる新築住宅なのか(住宅の省エネ性能)

③建築業者が、こどもエコすまい住宅事業者として事務局に登録されているか

 

①世帯条件はいずれかとなります

子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯

・若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯

②住宅の省エネ性能

ZEH住宅・・・(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの)

断熱等性能等級5かつ一次エネルギー消費量等級6に該当する住宅となります。

③登録事業者

こどもみらい住宅支援事業に登録されている事業者は登録事業者として取り扱われます。

未登録だった事業者も新たに登録が出来る様になります。

 

【こどもみらい住宅支援事業】では、住宅の省エネ性能によって60万円・80万円・100万円と補助金が異なっていました。

2022年4月より断熱等性能等級5・一次エネルギー消費量等級6が新設され、2022年10月より長期優良住宅や低炭素建築物も新基準となり、先の等級を有する性能の建物と変更となりました。

 

【こどもエコすまい支援事業】にて、変更となった点は、新築(購入)の場合、補助金一律100万円/戸となります。

住宅の省エネ性能がZEH住宅だけが対象となりました。

 

【こどもみらい住宅支援事業】・【こどもエコすまい支援事業】は別支援事業となっていますが、両方の支援事業は併用することは出来ません。

契約時期や建物の着工時期によってどちらの支援事業の対象となるか、建築請負業者へ確認しましょう。

 

住宅取得の際には、他にも補助金制度があるので、こどもエコすまい支援事業では間に合わない・対象者ではないなどありましたら建築業者に相談してみましょう。

 

アピールするのが最後となりましたが、弊社の注文住宅は標準の建物性能で、【こどもみらい住宅支援事業】・【こどもエコすまい支援事業】の【ZEH住宅】に該当するので補助額100万円の対象住宅となります。


家づくりのご質問・ご相談をLINEからも受付中♪
お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

 

1ページ (全61ページ中)