スタッフブログ

電柱・電線をなくす取組みが広がっています

石井辰憲 自己紹介へ
2018/04/14(土) 営業部

今月、国土交通省が「無電柱化推進計画」を策定しました。

18年度から3年間で約1400キロの無電柱化に取り組みます。

東京オリンピックに向けた新たな動きですね。

 

観光の盛んなヨーロッパでは既に電柱の無い地域が多くあります。

パリやベルリンではほぼ100%着手されているので、驚きですね。

しかし、日本は東京23区でさえ、8%と低い水準になっています。

スカイツリーを撮影するにも、電線が入ってしまうなんて聞いたことがあります。

 

電柱が無くなることで、メインの景観以外にも良い点があります。

住宅の価値が上がり、地域が注目されやすくなります。(約7%上がると報告されています。)

地震により電柱が倒壊することがなくなり、通信回線への影響も受けにくくなります。

地震の多い日本ですが、災害時に連絡が取れないケースが減るかもしれないですね。

狭い道や交差点でも電柱が飛び出ていて危ないなんてことも無くなります。

もちろん悪い点もあります。

最も重要な費用は電柱と比べて10倍以上かかるといわれています。

また、電柱のように目視が出来ない為、破損した部分が特定しにくくなります。

メンテナンスを行うにも、大規模な工事を行うので、時間がかかります。

同時に土地の権利関係で、住民の理解を得なければなりません。

住民に協力してもらうためにも、丁寧に説明会を行っていく必要もあるでしょう。

観光地を中心とした地域で取り組まれている一方、多額の税金が関わっていて反対もあるのが現状です。

太陽住宅のチャットサービス

太陽住宅ではこの度チャットサービスを開始いたしました。右下の「チャットで問い合わせる」ボタンをクリックしていただくとご利用いただけます。個人情報入力不要で匿名でもご利用いただけますので、商品やサービス、家づくり・土地についてのわからないことなどなど、どうぞお気軽にご質問ください。

太陽住宅のチャットサービスについて

 

インスタグラム&Facebookで完成写真などUP中 よかったらフォローしてください♪

instagram

 

facebook

 

友だち追加

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

 

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ