スタッフブログ

ZEHですが、めちゃカッコイイこだわり注文住宅見学会を豊橋市牛川町で開催しちゃいます

山本啓介 自己紹介へ
2018/11/28(水) 家づくりのこと技術部

こんにちは技術部の山本です。随分ブログをサボってしまいました(^^;少しだけ言い訳をさせて頂くとww新しい提案住宅(今回は新たな試み満載のモデルハウスです)の開発に追われていました(*_*)が、いよいよまとまり来月着工、来春公開となりますのでご期待ください。

さて、気づけば来週はもう師走、あっという間の1年間でしたが、今年を締めくくるのにふさわしいイベントを今週末開催できることとなりました。

 12月1日㈯2日㈰の2日間限定 豊橋市牛川町にて2018ZEH採択された注文住宅見学会開催です!!!!

 

 実は今回見学会をさせて頂くA様邸は、太陽住宅がお届けしたいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)そのものです。もう少しだけ詳しくご説明します。私たちが取り組むZEHとは「ZEHありきのプランニングはしない」というのが大前提です。エネルギー消費を(数字上)少なくするには「主たる居室」と言われるLDKを空間として出来るだけ区画する。例えば吹抜けやリビング階段、オープンな廊下などは、空間として1体なので「主たる居室」の面積が大きくなり、数字上の空調エネルギーなどの消費量が、多く計算されてしまいます。ところが今回のA様邸はリビング(ほぼ)全体が吹抜け、リビング階段で2階に上がり、2階の廊下、更にフリースペースまで1体空間。1階もLDKはもちろん、畳コーナーも隣接してるため、ぶっちゃけエネルギー消費計算だけをみれば、とても不利に働きますww

 

しかし、これは「ZEH」を建てる事が目的ではなく、あくまでもお客様の希望の住まい、暮らしを実現するプランニングをしたうえで、より省エネ、低燃費で温熱環境(暑い・寒い)も快適な性能を実現する事が、理想の住まいだと信じています。

 今年も5棟注文住宅でZEH補助事業に申請し採択されました。2020年まであと実質1年となり政府目標の「2020年の新築住宅の過半数をZEH」に向けて来年は更に色々なところでZEH普及PRが予想されます。

私達は2016年より本格的にZEHに取り組み今まで13棟の注文住宅で自社認定ではなく、補助事業で採択されてきました。それらは全てフリープランで、1棟も同じ間取りはありません!ZEHありきや、補助金目的ではない、真の暮らしやすい家づくりを標榜し、実際にカタチになったのが、今回のA様邸です。熱くなって、演説調の文章になってしまいましたが、是非多くの方に見て頂き、いい家を建てられる為の知識を1つ増やしていただければと思っていますので、お気軽にお越しください。

 

ついつい私は「性能」推しの話をしてしまいますが、今回の家は、とても素敵です!人気のブルックリンスタイルインテリアにもバッチリ合う素材<オークの無垢床・アイアン手すり・ヴィンテージスタイルドア>が多く使われ、お施主様こだわりの本棚はじめ、キッチンの収納棚(カップボード)まで今回は造作工事で作っています。更に見えませんがww制振ダンパ―採用だったりと、ミドコロ満載です!ちなみにご覧になりたい方は、HPイベント予約より申し込んで頂ければ、クオカード1,000円分がもらえちゃいますよ(新規の方限定です)

イベント予約はコチラ

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全23ページ中)

ページトップへ