スタッフブログ

新たな選択肢『コンバージョン』

2018/10/21(日) 営業部

20世紀では、マイホーム=新築という考え方が一般的でした。

建てても30年ほどで壊して、子供たちがまた新築を建てる。

しかし、時代も変わって建物に対する考え方が大きく変わりました。

現在はお金や環境への負担も考えて、既存の建物の活用が求められています。

 

今までの考え方としては、次のようでした。

『リフォーム』・・・古くなった家を修理・交換して元の状態に戻す改修。

『リノベーション』・・・ライフスタイルに合わせて住みやすくするための改良。

 

そして、新たに『コンバージョン』という取組みが行われるようになってきました。

店舗や倉庫を住宅に変更するなど、建物の用途を変えることです。

放置されているより、活用された方が良いですね。

使わなくなった建物を解体して、新たに建て直すより費用・時間が抑えられます。

 

ビルを賃貸マンションにしたことで、収益を見込めるようになったケースもあります。

また、建物が利用されることによって、地域の活性化にも繋がります。

 

しかし、『コンバージョン』にもデメリットもあります。

・都市計画法や建築基準法などで、簡単に用途変更することができません。

・全体を変更したくても、一部まだ借りている人がいると立退きの必要があります。

・新しい取組みのため、融資に時間がかかることがあるようです。

 

国土交通省では、法律の緩和策・改築費用の補助を推進しています。

今後はよりニーズが高まり、身近なものになってくるでしょう。

放置された倉庫や資材置き場も、数年後には生まれ変わっているかもしれません。

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ