塚本由美 自己紹介へ

『アフターサービス・メンテナンス便り』~W様邸・階段壁の手摺リフォーム②~

こんにちは☆

CS(カスタマーサポート)伊藤のお仕事をお伝えする『アフターサービス・メンテナンス便り』です☺︎

『アフターサービス・メンテナンス便り』~W様邸・階段壁の手摺リフォーム①~

 

お見積り折衝、工事日程等のお打ち合わせを終え、早速工事に入ります(´▽`)ノ

 

今回のW様宅の階段壁は、当時流行の化粧合板(プリント合板)仕上げ。なので手摺として欲しい箇所には下地胴縁材がありません。

今回手摺りを取り付けるには、手摺り後付け用のベース材(化粧平板)を取り付ける必要があり、そのベース材に手摺り金物を取り付けます

 

あらかじめ壁の下地胴縁位置を探し、手摺りの基準高さも測っておきます。

事前にお客様と見本手摺りをあてがって高さを決めました。が、ベース材をビス固定させる下地胴縁がなかなか定まらない。下地センサー器で探し、更には指で”コンコンッ”と叩いて確認していきます。しっかり固定したいが為の根気との闘いです㌧㌧ (*。・ω・)ノ“||

取付け位置が決まったら、まずはベース材を取付けて、その後手摺り材を取り付けていきます(●´∀`●)ノ

 

つづく⇒⇒⇒『アフターサービス・メンテナンス便り』~W様邸・階段壁の手摺リフォーム③~

 


家づくりのご質問・ご相談をLINEからも受付中♪
お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

 

1ページ (全61ページ中)