スタッフブログ

単板ガラスアルミサッシはグラスウール100mm相当と比較するとたった0.2mm分の断熱性能しかない衝撃

山本啓介 自己紹介へ
2018/03/06(火) 家づくりのこと技術部

こんにちは技術部の山本です。つい先日まで「寒い、寒い」と断熱の必要性を発信してきましたが、だんだん春が近づく陽気になってきましたね、そうなると始まるのが「花粉」。花粉症の私にとって一年で最もツライ時期がやってきます(T_T)ボーっとしない様にこころがけます(笑)

以前より是非皆さんにお伝えしたいな~と思ってた情報がありまして、今回YKKさんから一部資料を提供して頂いたので書こうと思います。

常々開口部の断熱の必要性をお伝えしていますが、その重要性をお伝えするのに「これだ!」という材料が無いのが悩みの種でした。そんな時、YKKの名古屋ショールームで見かけた一枚のパネルが結構衝撃的でした。

ご覧下さい、こちらは平成11年基準の次世代省エネに対応した建物の壁の中に多く入っているであろう断熱材グラスウールの16K100mm(10cm)を基準とした場合の各窓の仕様によって、グラスウールの厚みに換算するとどれくらいになるか?です。

断熱材グラスウールに窓の断熱性能を置き換えてみると

壁 グラスウール16K

U値0.50 100mm分

 

アルミサッシ単板ガラス

U値6.51 0.2mm分

 

 樹脂窓ペアガラス

U値 1.48 30mm分

樹脂窓トリプルガラス

U値0.91 55mm分

 

※U値とは部材の熱の通りやすさの単位。数字が小さいほど熱を通しにくい部材といえます

いかがでしょうか?ちなみに日本の既存住宅の主流ともいえるアルミサッシ単板ガラス(シングルガラス)では、たった0.2mm分の断熱しかありません。0.2mmとは調べてみるとハガキの厚み程度です。いったい今年の冬、日本で暖を採るためにどれだけの化石燃料を使ったのでしょう?0.2mmの断熱では暖めたそばから熱が逃げていっているな~というのがよりイメージ出来るのではないでしょうか?

太陽の標準、樹脂窓ペアガラスでもGW(グラスウール)に比べたら1/3程度、トリプルガラスにしてようやく壁の半分の断熱性能となる訳です。

どれだけ窓の断熱化が重要で効果的かがお分かりいただけるのではないでしょうか。今でもアルミサッシのペアガラス程度が標準的なローコスト建売が多く見られますが、窓から逃げていく熱量は単純に断熱材の厚みで比較したら樹脂窓ペアガラスの約8倍です!イニシャルコストが安くても、住んでから一生使う暖冷房費、そう光熱費に大きな差が出るこはこれでお分かりいただけるのではないでしょうか。

家づくりを考える時は、イニシャルコストで選ばず、ライフタイムコスト(生涯経費)で考えられることをおススメします。

 

太陽住宅のチャットサービス

太陽住宅ではこの度チャットサービスを開始いたしました。右下の「チャットで問い合わせる」ボタンをクリックしていただくとご利用いただけます。個人情報入力不要で匿名でもご利用いただけますので、商品やサービス、家づくり・土地についてのわからないことなどなど、どうぞお気軽にご質問ください。

太陽住宅のチャットサービスについて

 

インスタグラム&Facebookで完成写真などUP中 よかったらフォローしてください♪

instagram

 

facebook

 

友だち追加

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

 

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ