ページトップへ

現場レポート

  • タイプ別にみる
  • すべて

I様邸新築工事ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

愛知県豊橋市 注文住宅

1.2017年04月21日
基礎完了
基礎完了
基礎の型枠が取れました。いつも感じますが、コンクリートって結構色白です(笑)この時期の気温は、コンクリートが硬化するにも最適で、まさに家の基盤となる基礎工事が見事に完成しました。来週からはいよいよ大工さんが登場しての建て方工事が始まります。
2.2017年04月18日
基礎工事5
基礎工事5
基礎屋さんが「コンクリートの予約が取れない」と嘆いてました。色々な苦労があるものです。何とか予定通り立ち上がり部分のコンクリート打ちも完了しましたが、天候が不安定ですので、もしもの雨に備えてしっかり養生がしてあります。
3.2017年04月15日
基礎工事4
基礎工事4
立ち上がり部分には、アンカーボルトを設置します。長いボルトは基礎と躯体を緊結するホールダウン金物用のボルトです。ホールダウン金物は主に地震の際の横揺れで起こるとされる浮き上がりを防ぎます。ちょうど熊本地震から1年が過ぎました。非常に高い確率で起こるとされるこの地域の地震ですが、もしもの時にこのボルトが効果を発揮する可能性があるという事です。
4.2017年04月15日
基礎工事3
基礎工事3
基礎の立ち上がり部分の型枠を設置しています。
5.2017年04月13日
基礎工事
基礎工事1
本格的な基礎工事が始まりました。地盤の強度、地耐力は充分でしたが、基礎形状はベタ基礎。基礎底盤にも鉄筋が入り「面」で支えます。この日は、検査機関の配筋検査がありました。全体をしっかり確認し、一部指摘箇所に補強鉄筋を足し、合格をもらって、コンクリートの打設になります。
6.2017年04月13日
基礎工事2
基礎工事2
第三者機関 日本住宅保証検査機構 JIOによる配筋検査。
7.2017年04月10日
kiso
基礎工事
雨の合間を見ながら工事が始まりました。まずは地業工事。長い工事ですが、建物の足元、土台となる工事ですので大切な工事です。基礎下部分に砕石を敷き、ランマーで入念に突き固めています。この後捨てコンクリートを流し、明日以降基礎工事にかかっていきます。
8.2017年04月07日
mizumori
着工
ご契約後、ZEHの採択待ち・構造計算・地盤調査など着工前準備もようやく終わり、いよいよ着工となりました。気が付けば季節は春。新学期のスタートと共にI様の家づくりも始まります。ところが・・・水盛り完了、いざ基礎工事と思いきや、あいにくの雨。さすがに天気には逆らえませんので、本格工事は来週となりそうです。当たり前ですが、天候を見ながら建物に支障のない工事を進めてまいります。
9.2017年03月22日
地盤調査
地盤調査
さて、地盤調査方法はいくつかありますが弊社では現在「表面波探査法」という調査方法を採用しています。各社によって様々な調査方法を採用していますが「これが一番!!」って調査方法はないです(笑)むしろそういった方法があるならみんなその調査方法を採用します。一番多いと思われる「スウェーデン式サウンディング試験」を採用しない理由は大きく2点。・点で調査が行われる ・調査員の判断に因る所が大きい。一方「表面波」では【実際に掘らない】って事が不採用要因としてよく聞きます。大切なのは、どんな調査方法をするか?ではなく、しっかり建物を保証できるか?ですので、間違いない判断ができる調査を採用するのはお客様の為に会社の大切な判断です。
10.2017年03月22日
地盤調査
地盤調査
地鎮祭が終わり、着工準備が着々と進んでいますI様邸。地盤調査を行いました。結果はとても安心できる結果です。地盤調査ですから、「安心」とは何か?というと、家を建てる地面、しかも地中が「固い」って安心です。軟弱地盤だった際に行う地盤改良はなく、予定通りべた基礎で施工を進めていきます。
11.2017年03月21日
ZEH採択決定
ZEH採択決定
今月末通知予定のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)でしたが、早くも採択決定通知が届きました。一次エネルギー削減率(太陽光除く)41.2%ですので、ほぼ間違いなく採択されると思っていても、ほっと一安心です。弊社でもZEH注文住宅は6件目となりますが、しっかり実績報告が出せるように、管理していきます。
12.2017年03月20日
地鎮祭
地鎮祭
先日、I様邸の地鎮祭を行いました。当日は気温も高く最高の小春日和でいよいよ工事がスタートします。が、I様邸はZEH(ネット。ゼロ。エネルギー。ハウス)補助事業に申請しています。今月末の採択通知を待って着工となりますので、今しばらくお待ち下さい。
13.2017年03月20日
地縄張り
地縄張り
地祭りの後、建物の位置を確認して頂くために、テープで建物の外周を張ります。「この辺りがキッチンで・・・」まだまだイメージはし辛いですが、数か月後には、ここで奥様がお料理をされるのです!それまで、まずは家づくりを思いっきり楽しんで下さい。