ページトップへ

健康・快適をカタチにする

断熱・気密 = 健康・快適 では無いという噂

快適では無い理由を考える

日本の冬の暮らしは局所間欠暖房が主流でした。古くは囲炉裏、代表的なのはこたつです。寒い日は、ある一室を暖めて、家族みんながこたつに入って暖を取る。(局所)しかし、暖かいのはこの一室で・・・トイレにいくのも過酷です。
更にエアコンを一日中つけるなんて「なんて勿体ないんだ!」とばかりにこまめにオン・オフを繰り返す。(間欠)

そしてもう一つ!こんな経験はありませんか?

窓を閉め切っているのに、足元がスースー寒い

エアコンの設定温度を上げると、顔の辺りはポカポカ

更に部屋の湿度は下がり肌はカサカサ。そして加湿器はフル稼働!

実は、これらは家の断熱・気密性能が低いが為に起こっていた現象なのです。具体的には

  • 壁の断熱不足(不良)による表面温度の低下
  • 気密が悪い為、せっかくの暖気が逃げていく

図のように体感温度は壁の表面温度+室温/2と言われています。室温とは部屋の中心部分に近い温度(エアコン設定温度付近)本来ならエアコン設定温度=体感温度なら寒さを感じる事は無いはずですが壁の表面温度が低い為、体感温度はエアコン設定温度と差が出てしまう訳です。
もう一つは、気密が悪い為、せっかく暖めた空気は寒い外へ逃げていきます(温度は暖かい→冷たいへ移動します)すると不幸な事に逃げていった分の空気を補充する為に外部の冷たい空気が部屋に入ってきます...

決してエアコンのせいでもなく、冬の寒さを諦める訳でもなく、快適では無い理由はあるのです。

ヒートショック>交通事故 怖い本当の話

ヒートショックという言葉をご存知ですか?ヒートショックとは、暖かい場所から急に寒い場所へ行くと、急激に血圧が上昇し心臓発作や脳血管障害を引き起こすことがあります。

この温度差による身体の変化のことを「ヒートショック」といいます。

温度差が10℃以上になるとヒートショックが起きやすい環境となります。

 

 

入浴中の死亡事故の大半はヒートショックによるもので年間推定17,000人に達すると言われています。

これは交通死亡事故をはるかに上回る約2.4倍の死亡者数となっています。

 

 

確かにヒートショックのリスクが高い条件は、高齢者の方や高血圧・心臓などに持病を持っている方ですが、老若男女問わず体に負担をかけているのは間違いありません。

表は入浴事故発生率を県別に表したものですが、ご覧の通り上位(事故が多い)のは比較的温暖な地域です。暖かいといわれる地域ほどヒートショックに対する意識が低いようです。

 

2014/12/24 毎日新聞より

 

高断熱住宅で健康になる事が実証されました

近畿大学岩前篤教授のグループが、2002年以降これまで合計で約3万5千人を対象に独自に行ってきた健康調査です。新築の高断熱高気密住宅に引っ越した人を対象としており回答者の中心は、30代~40代の働き盛り世代とその子ども世代である10代までの男女です。

気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、関節炎、アレルギー性鼻炎など15の諸症状について、引っ越し後の変化を尋ねたこの調査では、大半の症状に明らかな改善が見られます。特に省エネ等級4以上など、より断熱性の高い住宅へ引っ越した人ほど改善率が高くなっています。

せきやのどの痛み、手足の冷えなどに限らず、アトピー性皮膚炎など肌の悩みについても高断熱高気密住宅への引っ越しで改善が見られるというのは、注目すべき点でしょう。これは住まいが暖かくなることで身につける衣類の量が減るからではないかと考えられています。