ページトップへ

ブログ

こんにちは、技術部の山本です。しばらくブログをサボってしまいました(^^;その間にZEH関連のいくつかの動きがありましたので報告します。

まずこのブログでも再三ふれました「ZEH+」の採択ですが、残念ながら枠付与されませんでした。そもそも要望件数も8件でしたし、零細ビルダーとはいえ実績もありましたので、数件は付与してもらえるかな~と思っていましたが、甘かった...(>_<)通知を見た当初は「なんで?」とムカついていましたがww色々調べたり、各所に話を聞いてみると、非常に狭き門、且つ大手HM偏重感が・・・まぁこれ以上はグチになってしまいますので、気持ちを切り替え通称【環境省ZEH】一本で頑張っていきます!

という訳で、既にZEH前提で打ち合わせを進めさせて頂いていた2組のお客様のうち、仕様決定が済んだA様の申請を先月の25日に発送し、公募初日の5月28日着になるようにしました。というのも、こちらもブログでも書きましたが、今年の【ZEH補助事業】は要件を満たしていれば採択は先着順。とはいえ昨年の実績を見ても1回の公募に対して最大の公募数は1,689件、今年の1次公募の予定件数は2,400件(新規申請分別途600件)さすがに早々に枠が埋まってしまうなんて事は無いだろうな~と思いつつも念のため、初日着での発送です。

ところが!6/1にSII「環境イニシアチブ」(ZEHを管理する団体)からメールがきて、1次公募の枠が埋まったとの事。約1か月の公募期間があるにも関わらず、わずか5日間で2400件!!!いや~ZEH+の件と言い、想定外な事ばかり。

という訳で、最終仕様決定中のS様のZEH申請は2次に持ち越しとなりました(^^;

まぁH30年初っ端ですし、うちのお客様と同じようにZEH前提で打ち合わせを進められていた方が全国では沢山いたわけですね~昨年補助金額が下がって、多少トーンダウンしましたが、やはり政府目標の「2020年には新築の過半でZEH」に向けて動いていることは間違いなさそうです。

2回目の公募は7/17~ですので、これから家づくりをお考えのお客様は、お急ぎになられることをおススメします!なんといっても補助金額70万円は「今」家づくりをお考えならもらわない手はありませんからね♪