ページトップへ

ブログ

今回は住宅ローンの保証料の3つの支払い方について、具体的な金額を入れて比較したいと思います。

 

①はじめに現金一括で納める

②分割(金利に上乗せ)して納める                                 

③借入れ金額に保証料分を上乗せして借りる

 

例:借入れ3000万円35年金利1%

(借入れ1000万円につき保証料20万円と仮定)

①現金一括60万円 

総返済額約3616万円(保証料60万円を含む)

②金利を0.2%上乗せ(1%⇒1.2%) 

総返済額約3675万円

③借入れに60万円上乗せ(3000万円⇒3060万円)

総返済額約3627万円    

 

このように保証料の支払い方が違うだけで60万円という保証料が実質②の場合は約120万円、③の場合は約70万円となります。自己資金の中で最初に一括で納めるのが一番ロスがありませんが、登記費用など諸経費の中には様々な必要経費があるので、よく相談をして自分たちにあった支払い方を決めましょう。

 

太陽住宅のチャットサービス

太陽住宅ではこの度チャットサービスを開始いたしました。右下の「チャットで問い合わせる」ボタンをクリックしていただくとご利用いただけます。個人情報入力不要で匿名でもご利用いただけますので、商品やサービス、家づくり・土地についてのわからないことなどなど、どうぞお気軽にご質問ください。

太陽住宅のチャットサービスについて